身だしなみを整える。美容で脱毛をするようになった起源は?

脱毛の歴史を学んじゃおう
Home » 脱毛の歴史 » 身だしなみを整える。美容で脱毛をするようになった起源は?

身だしなみを整える。美容で脱毛をするようになった起源は?

脱毛の歴史
身だしなみを整える。美容で脱毛をするようになった起源は?

現代人の女性の多くは、美を意識して、身だしなみを整えるためにも脱毛をしています。
女性もさることながら、若い男性もエステティックサロンに通っている人もいると聞きます。
人はいつから美容という観点から脱毛を行うようになってきたのでしょうか?

脱毛自体は、考古学的に2万年前ほどから行われていたこともわかっているようです。
また、2万年前の脱毛は一体どうしていたのかというと、鋭い石器や貝殻を使って、削り取るように脱毛されていたと考えられているそうです。

海外では、古代オリエント時代の紀元前3000年から4000年のころにはすでに脱毛剤が使用されていたと言います。
宗教上の問題で、体の毛は不潔とされ脱毛されることが多かったようですので、このころから体毛は見た目上やはり良くないと考えられていたのでしょうか。
身だしなみを整えるという面でもずいぶん昔から脱毛がなされていたようです。
現在でも、宗教上の問題で体毛が不浄と考えられているそうです。
このころの脱毛剤は、油脂やでんぷんに香料を混ぜてペースト状にしたものを肌の上で転がして脱毛していたそうです。
香料を使うとは、ずいぶん前の時代から、かおりにも気を使っていたことがわかります。

古代ギリシャやローマでも女性は脱毛を行っていたそうです。
古代ギリシャの喜劇作家のアリストパネスの戯曲「女の平和」には、女性が公衆浴場で脱毛された他の女性の下腹部を話題にしているという描写があるそうです。
どの時代でも女性は他の女性の美容に関心があり、話題にするなど、この時代では、公衆浴場が情報交換の場でもあった事が伺えます。
また紀元前1世紀ころのローマでは、男性でも公衆浴場で脱毛する男性もいたそうです。
このように古い時代でも、男性が美容に関心があり、脱毛していたということには驚きです。

日本では、脱毛が始まったとされる資料があまりないようです。
平安時代には、枕草子に脱毛されていたとされる表現が残ってはいるそうです。
そのころの脱毛の仕方は、二枚貝のハマグリを使ってひたいの生え際を整えるために脱毛し、足りないところはひたい墨で描きたしていたそうです。

美容に関しての脱毛の起源を調べていくと、いつの時代も、美容に関心があったことがうかがい知れます。
それによって脱毛は欠かせないもののようです。