いつから行われていたのか。海外の脱毛の歴史とは?

脱毛の歴史を学んじゃおう
Home » 脱毛の歴史 » いつから行われていたのか。海外の脱毛の歴史とは?

いつから行われていたのか。海外の脱毛の歴史とは?

脱毛の歴史
いつから行われていたのか。海外の脱毛の歴史とは?

海外ではいつから脱毛が行われていたのでしょうか?
歴史をさかのぼってみたいと思います。

日本では平安時代が脱毛の始まりとされています。
海外での脱毛の歴史はもっと古く、なんと紀元前までさかのぼります。
脱毛という点でみると、2万年も前から石器や貝殻を使って削り取るように剃っていたと考えていられるのだそう。
今で言えば、カミソリで脱毛していたということと考えればいいでしょう。

脱毛剤を使うようになったのは、紀元前3000年から4000年頃だそうで、でんぷんや硫黄に油脂や香料などといったものをペースト状にして、肌の上を転がすことで脱毛していたということです。
他にも軽石や火山灰などを混ぜたものもあり、こちらは、微粒子が擦れ合わさることによって、体毛の切断及び除去をし、脱毛していたと考えられます。
紀元前1500年ごろ、エジプトでも脱毛剤が使われていたと書物に記載があるそうです。
紀元前30年から40年ごろは、女王クレオパトラの時代です。
もちろん女王クレオパトラも脱毛剤を使っていたことがわかっていて、脱毛剤を使って脱毛していました。
古代エジプトの発掘された工芸品の中には、カミソリなども見つかっていて、それを使っての脱毛も行っていたようです。

19世紀に入ると、永久脱毛を考える人が出てきました。
そのことによって、肌に直接硫酸など塗るなど、危険な行為が行われていました。
もちろんそれは、肌を痛めるだけで永久脱毛の効果はありませんでした。
1875年にさかさまつ毛の治療に用いられた機器が、脱毛に応用されて電気分解脱毛法が生まれました。
しかし、この方法は痛みと長時間費やすという欠点があったようです。
この頃の電気脱毛は、医師が行っていたようです。

1924年にフランスで高周波脱毛法が発表されました。
1940年に真空管が使われるようになり、安全性が増えたことにより、高周波法の使用が拡大していきました。
1983年には、アメリカで選択的高熱融解理論が発表されます。
これは、レーザーの波長や照射時間を最適化すると特定の組織のみが反応するというものです。
この脱毛法が応用されて使われていくようになります。